作者別: lyordy

人生初の新車でバイクを購入!

高卒社会人の23歳男です。今のところ人生最大の買い物は現在所有しているバイクの購入でした。

免許を取得した18歳の時は未成年ゆえマイカーローンなどが組めず、バイト代を掻き集めて現金一括で10年落ち程度の中古バイクを20万円ほどで購入したのですが、2年ほど乗るとやはり年式相応の故障やら不具合やらが少しずつ出てくるようになり、修理の度に費用はどんどん高額に、愛車に乗れない時間はより長くなっていきました。

そんな中で車検を迎えたので念願の新車への乗り換えを検討するのは当然の流れでしたし、20歳を超えてようやくローンが組める身分にもなっていたので今でもタイミングは良かったのではないかと思っています。

ただ契約する直前には希望するバイクが諸費等込み90万円という自分の所得に対して非常に高額であったこと、趣味丸出しのバイクなので家族の反対を受けたことなどに影響を受け、お金を借り入れる際には果たしてバイクローン(http://xn--eckwa1h4e4a5c8042ckgua.jp/)が終わるまでの数年間やっていけるだろうか、というかそもそもこのバイクは身分不相応すぎやしないか、一般人受けする他のバイクにしておいた方がのちのちの下取りや維持費や世間体なども含め後悔しないんじゃないか、その他諸々様々なことを考え込んでしまい不安でいっぱいでしたね。

でも結局大きな買い物を本当に実現できる時というのは、そうやって塞ぎ込んでいながらも心の隅にいつでも「欲しい」と思っている自分がいるのでいつの間にか判子を押してしまっているものですし、買ってしまった以上はそれを維持しようと必死になるので後悔する時間もありませんでした。

よく世間では買わずに後悔より買って後悔なんて言葉で大きな買い物を表現しますが、欲しいものを手に入れているわけですから、その反動として受けるある程度の金銭的不自由であったり我慢であったりというものは意外と辛くはないものです。

逆に言えば前者のパターンというのは本当に惨めで精神衛生的に見ても好ましくないと思われますので、それが本当に自分に必要なものなのかを自問自答した上で、必要であると結論を出した場合は多少無理をしてでも買った方がいいです。

銀行キャッシングの保証会社の存在

キャッシング相場が低金利スタンダードとなった昨今、一見とても申込みし易いように見えて、実はそうでもないという現実があります。

特にそれは銀行キャッシングにおいて露骨に見えています。銀行キャッシングの多くに保証会社という存在が付きます。

これは銀行貸し出し債務が万が一焦げ付いた時、つまり返済できない顧客が発生した時にその債務を保証会社が代わりに肩代わりするシステムで、言い換えるなら銀行の債権をバックで保証してくれる存在が保証会社なのです。

もともと銀行がキャッシングで貸し出す資金の源泉は預金者の預金です。従ってその預金は預金者が必要な時に払い出しできないといけません。

しかし万が一焦げ付いた時は、その預金の払い出しが出来なくなりそうなると、銀行の信用はガタ落ちとなります。

それを防ぐために銀行キャッシングの多くが保証会社をバックに付け、貸出金を保証してもらっているのです。

そのため銀行キャッシングの多くが、低金利をうたい顧客を集めているように見えますが、実際は非常に高い申込基準で受付や審査を行う事から、融資まで漕ぎつくことが出来ないお客さんが多くいるのです。

銀行カードローンやキャッシングサービスは、テレビCMなどで信販会社やネット銀行カードローン並の低金利を謳っていますが、実際はとても高いハードルである場合があるのです。

しかし貸付している資金の源泉が預金である以上、人のお金ですから焦げ付きだけは避けなくてはならず、どうしてもハードルを上げざるを得ない事情が銀行にはあるのです。

 

低金利なのに実は高利のマジック

年利数%という消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは、到底考えられないような低金利で顧客を集めているキャッシング業者があります。

そして本当に年利数%でキャッシング申込が出来るかと思えば、意外と最初は既定の金利、つまり18%前後の金利からからスタートとなり、取引が長くなるに連れて金利の見直しをさせてもらいますという返答にガッカリされた事がある人は意外と多いのではないでしょうか。

低金利というから飛びついたものの、実際は最初から数%の金利にはならないという人は案外多いものです。しかしそういった人たちも年利数%で利用できる場合があります。

それは取引期間に応じて利用枠の見直しを定期的にキャッシング業者では行っている訳ですが、この利用枠の見直しのタイミングで、利率の見直しも行われている場合があります。

取引期間が長く、しかも延滞もないとなるとキャッシング業者からしてみれば期日を守る責任感を感じる良いお客さんです。

だとしたらキャッシング業者としても信用がそこに生まれますので、利用枠を広げ利率も見直してあげれば、更なる資金需要に対応できると考えます。

このタイミングを待つのです。最初は枠も小さく金利も高金利で設定されるかもしれません。しかし取引が長くなるにつれて、貸し金業者側の信用が付けば、後は契約内容を見直してもらうだけです。

一定期間取引を続けていけばその時は必ずやってきます。最低1年は待ってみましょう。低金利キャッシングとは信用の蓄積によって生まれます。まずは信用を積んでいかなくてはなりません。

ちなみにキャッシング利用の条件は、20歳以上で安定収入があることが基本的な条件となっています。

お仕事をされているというのが、絶対的な条件ですね。

仕事をしていれば、キャバクラなど水商売のようなお仕事をされている方でも利用することが出来ますよ。

参考サイト・・・キャッシング水商売【キャバ嬢マリアが教えるお金の借り方講座】

 

低金利だからこそ総合的判断になる

せっかくキャッシングを申し込んだのに、何かの事情でお断りになってしまう場合があります。しかもその理由を尋ねても、キャッシング業者側は「総合的判断で融資可否を決定いたしました」の一点張りです。

この総合的判断の基準値は申込した側にとっては非常に抽象的で難解なワードになります。まず言葉の定義として総合的判断というのは、申込内容の具体的な部分は言えないが、何となくこれまでの経験を基に貸し出しリスクを勘定した時に、リスクが高いと判断したというのが定義になります。

つまり具体的にどこかは言えないし、キャッシング業者にも判らないのです。だからこそ抽象的な表現でお断りを告げます。

その証拠に総合的判断はキャッシング業界にとって定番の断りフレーズです。とても便利だからこそお断りの顧客に対しては常套句のように使用するのです。

しかし低金利で貸し出しするとなると、どうしても貸し出し元金は高くしなくては貸金業者にとって利益がありません。

元金が少額で低金利に設定してしまうと、キャッシング業者の利益が減ってしまうのです。それを回避する為にキャッシング業者は低金利設定する顧客の利用枠は大きくします。

しかし枠が大きくなればそれだけ返済リスクが高まりますので、貸出はより慎重にならざるを得なくなります。

つまり高額融資希望の顧客だから低金利で融通したいが、リスクが高いから与信判断は慎重に行うというのが、キャッシング業者の本音なのです。

審査で総合的判断を理由にお断りになるのは、本当に総合的に見て、貸し出しできないお客さんと判断されたと受け取るのが正解であり、具体的な理由は自分自身で考えるのがスマートでしょう。